FC2ブログ

採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

ようせんわ

午前中の農作業を済ませた後、
イラさんの病院に行ってみると、
昨日より、食欲があり、
昼食は、全部食べたと言う。

顔色もよく、少し安心した。
ホッとした。


帰りに、夕食の買い物にマルナカへ寄ると、

ゴーヤ1本98円也。

少しその季節には早いが、

農作業で温まった身体が、ゴーヤを欲していたので、購入。


今夜は、ゴーヤチャンプルだー。



と云っても、中身が問題。


konnya7_0415.jpg



ゴリが、

「何か変?ゴーヤと筍?春と夏を一緒に食べているみたいだー。」


ゴーヤ・筍・椎茸・新玉・竹輪・鰹節・卵・木綿豆腐・韮…。やっぱ変??



この季節、採れたて最後のキャベツ。
たったの一個畑に残っていた、最後のキャベツ半分を、スープに。


新玉と、コーンのサラダ。
我家の新玉は、まだまだ先。




今夜も、ゴリは、

「30分後に、自治連合会の会合に出かけるから、
晩御飯を、早うして!」

と言った。


私:「そんなに早う、ようせんわ。」

と言ったものの、やるっきゃ無い。


20分程で作った、いい加減な料理を食べて出掛けた。


岡山弁講座・・・・・・・・・・・

ようせん=とてもできない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんま

あれこれと外回りの事をしていると、

夕方になって、ゴリが、

「30分後に夕飯が食べられるように、

用意をして欲しい。」と、言う。


「じゃあ、今夜は暖かいし、ざるうどんでもしようか?」

「それがいいわ。」


konnya7_0414.jpg



お昼に、スパゲティーを食べたので、麺が続くけど…。

まあ、麺類人だからいいか。


お昼の写真は撮り忘れたが、

筍スパゲティー、美味しかった。



最近、筍三昧だわー。


今夜の、グラタンもどきにも、
筍の先の軟らかいところを入れているが、
焼いた筍は、甘くて美味しい~。
筍・じゃが芋・茄子・ブロッコリー・
プチトマト・ウインナー等を入れている。



讃岐、石丸の半生うどんも美味しい。

ゴリ曰く、「このうどんは、ほんまに、おいしいなあ!
その辺のうどん屋さんで食べるより美味しいわ。」

気に入ってくれてありがとう。


4人分を二人で、ペロッと平らげたわ。

時間が無くて今夜は、こんなもん。


岡山弁講座・・・・・・・・・・・

ほんま=ほんとう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょびっと

今夜は、鰯を手開きにし、カレー粉と小麦粉を薄くまぶし、

随分前に使った残りのセロリの葉の微塵切りも付け、

オリーブ油でソテーしたもの。



金時人参・干し椎茸・筍・大根・レンコン・牛蒡・

油揚げ・竹輪・昆布・梅干1個に、

酒少々、塩少々、椎茸の戻し汁ちょびっとふり掛け、

殆ど素材の味だけの煮物。(重ね煮)

薄味だが、それぞれの素材の、香りも味も、しっかりしていて、

美味しい。



宍道湖のしじみの味噌汁には、韮を入れて。

konnya7_0413.jpg




今日は、ちょうどお昼時に、入院中のイラさん(義父)のところへ行った。


「さっき、頭を洗ってもらい、気持ちよくなったけど、
ちーと、えらいんじゃー。」

と言いながら、途中何度も休みながら、昼食を摂っていたが、
ちょびっとしか食べられなかった。

食欲がなかなか戻ってくれないのが、心配。



元気に歩ける時には、食後に、うがいと歯磨きを、
自分でしていたが、(やかましく言ってあげてたの;・ロ・)!!)

ベッドから離れられず、歩けない為、

入れ歯を外して、磨いてあげた。
すっきりして、気持ちよさそうだった。



岡山弁講座・・・・・・

ちーと=少し
ちょびっと=少し

・・・・・・・・・・・・・・・・



心配でどうなん

買い物をせずに帰宅した、今夜の夕食。

konnya7_0412.jpg


冷凍庫の中にあった、鮭の塩焼き。

高野山土産の、高野豆腐で、含め煮。
干し椎茸・人参・ほうれん草を間に挟んで煮ている。

芽が日に日に出てきたけど、美味しいじゃが芋。
これを使った、ハッシュドポテト。

また頂いた筍で、木の芽和え。
ほうれん草で、綺麗な緑色を出した。
我家の木の芽は、葉が、だいぶん大きくなり、いい香りがする。

スープは、糸寒天(食べちゃう寒天)・ワカメ・胡麻入り。

至ってシンプルな今夜のおかず。




イラさん、今朝、えろうて、どうなんかったらしい。
動く時、酸素を4リットル位吸いながらでも、
血中酸素濃度が、上がらなくなった様子。
それこそ、心配でどうなん。
(どうなん=手に負えない・どうにもならない)

抗生剤が効き、肺炎が早くよくなるように、祈るばかり。


てんでに

★★★ ←(クリックして読んでね!)

てな訳で、昨日は、のんきラーメンを食べて帰った。

その為、昨日の『採れたてメニュー』は、お休み。




今夜のメニューは、

konnya7_0411.jpg



まず、
昨日、小学校に入学式で、新1年生になった、
お隣の、りOちゃんのお祝いに蒸したお赤飯を頂いた物。

ご馳走様です。m(。_。)m


そして、まだある、春巻きの具を使った、
オムレツ。

サワラの煮物。


ほうれん草は、トウ立ちしてしまったが、
まだ軟らかくて、十分食べられるので、
茹でて、人参とちりめん雑魚と一緒にソテー。


先日頂いた、美味しい男爵は、早くも芽が出始めた。
この芋、場所があれば、植えるのになあー。
と思いながら、厚めに剥き、粉ふき芋にして、
塩コショーと、マヨとパセリで和えた。


今夜も、ゴリの帰りは遅い。

夕飯は、殆ど毎日、てんでに食べるのだ。



てか、
待ってあげればいいのに。私。





てんでに(岡山弁)=それぞれに



きょうばんのおかず

私は、毎日、仕事帰りに、

イラさん(義父)が入院している病院に寄るようにしている。

今日は、出勤前に、元気そうなイラさんに会い、ひとしきり話し、

「ほんなら、今日晩は、寄らずに帰って、草取りでもするからね。」

と言って、私は、仕事に…。




夕方、イラさんが電話してきて、

今日晩、ゴリは寄ってくれるんか?」と…。

何だか、心細そう。寄らずに、ごめんね。





この、『今日晩(きょうばん)』と云う表現が、



岡山弁だと云う事に気付いたのは、高校生の頃。

岡山出身の、先輩が、「今日晩は、・・・・・。」


と放送で言ったとたんに、皆大笑い。





へっ?????
同郷の私は、何が可笑しいのか全く解らなかったのだ。


「今日の晩は…。」と先輩が、言い直して、やっと気付いた。



「きょうばん・きのうばん・あしたんばん」
「きのうあさ・きょうあさ・あしたんあさ」


『の』が抜ける。『の』が『ん』に変化する事もあり。



そうか。これって、方言だったのか。

て云うか、普通、今晩(こんばん)と言うよね。


何か、岡山弁講座みたいになってきた。




さて、今日晩のおかずは、餃子もどき。


konnya7_0409.jpg


一昨日、作った春巻きの具の残りに、

胡麻をたっぷり足して、餃子の皮に包んだもの。


ハムやらチーズやらピーマンやらさつま芋やら…、
適当に、クルクル巻いただけ。


これを、揚げただけ。



お得意、手抜き、節約料理。


ピーナツ豆腐。


具が10種類以上入っている、味噌汁。





電話を掛けて来たイラさん、

今日は、熱もあり、少し『えらかった』らしい。


24時間点滴をするとの事。

よくなります様に!!



やかましい

ゴリは、毎夕食に、梅ニンニク二個と、キムチが欠かせない。

この二つが無いと、『やかましい』のだ。(←おそらくこんなニュアンスでの使われ方は岡山弁。)


これがないと、機嫌が悪いのだ。


大粒のにんにくに、紀州南高梅の梅肉とかつお節を和えたもので、

10年来、お取り寄せで買っている。


これは、ゴリの健康維持に欠かせないものなのかも知れない。

いつも、食事の終わる頃に、自分で冷蔵庫の中から取り出し、一人で食べている。

だから、滅多に、写真には写っていないが、紹介しておこうかな。
(あっ。今夜も写真は無いが…。)


今日も、一日中『虫除けハウス』なる物を造っていた。


途中、足りない材料の買出しをした序に、

食材も買いに、スーパーへ立ち寄った。



何せ、ゆっくり夕食を作る時間が無いものだから、

こんな物しか思いつかない。


konnya7_0408.jpg



究極の手抜き料理。



家にある野菜と、買った物で、鉄板焼き。

南瓜のスープは、叔母がわざわざ届けてくれた物。
叔母の得意料理で、いつも美味しく戴いている。

御馳走様ですー。

えらい

『つれづれなるままに』へ書いた通り、昼前に筍を茹で、

茹で上がった筍で、春巻きの材料を仕込み、

午後からは、暗くなるまで、畑仕事をした。

夕食後は、『備中国分寺五重塔』のライトアップを見に行った。


今日は、えらかった~。(←しんどいとか、疲れたとか云う意味の岡山弁)

『えらい』は、『偉い』と誤解を招きそう?




まあ、本当は、とても充実した一日だった。



そのくせ、夕飯は手抜き。


準備していた、春巻きの具を巻いて、揚げただけ。

筍は、炒めただけ。

トマトは、切っただけ。

お隣で頂いた、里芋は、
昨日のヒラを煮た、残り汁で、煮たもの。


konnya7_0407.jpg


小さな山椒の葉っぱが出てきていた。
筍の上に、チョコッと乗っけているの、分かるかな?

里芋の上には、冷凍にしている、柚子の皮を。

トマトの上は、パセリ。


オールシーズン料理だ事!;・ロ・)!!

満てる(みてる)

今夜は、ヒラの煮物。

konnya7_0406.jpg


ほうれん草を、ちりめん雑魚・卵とソテーしたもの。


昨日、少し残しておいた、ブラックタイガーを茹でて、

玉葱・キュウリと和えて、マヨサラダに。



スミダ豆腐店の、ピーナツ豆腐は、からし醤油で。


昨日の天婦羅の材料の、切れ端の残り+豆腐+ワカメ+糸寒天の味噌汁。




実は、ゴリ(夫)は、玄米ごはんを炊いたものを、

1食ずつ冷凍し、それを解凍して食べているのだが、

満てると(←無くなると云う意味の岡山弁)、

自分で、米の倉庫から玄米を取り出してきて、

セットして炊いている。

分量とか、水加減とか、自分が気に入った様に仕掛けるのだ。



昨日から、冷凍庫の中のご飯が、満ててしまっている。
(気が付いたら、炊いてあげればいいのに。私。)

ごめん。ごめん。
今夜は、冷凍庫に残っている、イラさん用の、白米ご飯と、

炊き込みご飯の2色盛り合わせで、我慢してね。

けなりい

うどんが大好きな、入院中のイラさん(義父)が、

けなりがるだろうなー。(←羨ましいと云う、岡山弁。)

と、思いながら作った。今夜は、天婦羅うどん。


konnya7_0405.jpg



しかも、珍しく、海老もある。

種類は、鳴門金時さつま芋・大根・

金時人参・牛蒡・春菊・椎茸。

かき揚げにせず、それぞれ揚げた。
(その時の気分で、内容も変わる(^。^;;)


大根を、割り箸より少し細めの太さに切り、

3~4ほんずつ纏めて揚げての食べ方は、


数年前に、NHKの料理番組で紹介していたものだが、

それ以来、天婦羅=大根と云う位、気に入っている。


二人なのに、この盛り付けた皿2枚分位出来てしまう。(ノ_-)


その日食べる分だけで、止めておけばいいのに、私。



自給野菜は、ほうれん草・春菊・葱・椎茸・大根。

この大根は、トウ立ちする前に、収穫してしまい、

4本だけ、冷蔵庫にしまっている物。



1本ずつ新聞紙に包み、それを買い物袋に入れているが、

瑞々しくて、採れたてその物。


土に、逆さまに埋める方法もあるらしいが、

また、人参の時みたいに、無残な結果にならないとも限らないし、

たったの4本だったので、冷蔵庫の中に…。