FC2ブログ

採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

改めて気付いた事

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。




今朝まで体調不良だったのが、ゆっくり休んだ後は、

その時の不快感を、すっかり忘れるくらい回復した。



いくら体調が悪くても、主婦には休みが無いので、

食事の準備は欠かせない。




今日はお昼過ぎに、スミダ豆腐店(移動販売車)が やってくる日だった。

車には、自家製豆腐だけでなく、肉・魚・惣菜・パン…と、何でも揃っている。



平日は、私も勤めているので、お隣さんに、豆腐と油揚げと豆乳を買ってもらい

冷蔵庫に入れてもらっている。



休日の今日、ゴリに買いに出てもらったら、

『 おからを買ったよ 』 と言った。



自分では、出来合いを買う事がないが、

たぶん、不調の私の為を思って、

一品にしたらいいと思ったのだろうと思う。



ありがとうね!



でも、それを買った事など私が覚えているはずがないし、

写真を撮る時には、まだよそっていない。



食べ始めて、『 あっ あれがあっただろう! 』

と、ゴリが気付き、出してきた。





甘っ!

びっくりする位の砂糖が入っている事に気付く。


世間では…(少し大袈裟?)

世間では、こんなに甘いおからを食べているのか?



わたしの作る味と、かけ離れているしぃ~。


『 ・・・・・・ 』


これ以上、もう食べられないわ。

と、思っていると、



ゴリは、

『 美味しいなぁ~ ご飯がススムわ~ おかわりしようかな~ 』

と、美味しそうに食べている。



以前にも書いたけど、

嫁いで来た頃の、この家の砂糖の入れ物の大きさと、

その中に入れている、スプーンの大きさにびっくりした事を思い出した。



1キロの砂糖が、そのまま入るくらいの大きさの容器。

親子丼の時には、義母は、その大きなスプーンを使って、

何杯も入れていた記憶がある。



物凄~く我慢して、甘い親子丼を食べていた私…。



バトンタッチした頃には、

義母と私の中間の味に、折り合ったのだろうと思う。



それでも、やはりゴリにとってのお袋の味は、

あの甘~い、親子丼の味、甘~い煮物の味なのだろうな。



スミダ豆腐店のおからを食べて、

改めて、気付かされた。



私の味付けは、薄味?



konnya8_1103.jpg




●親子丼(鶏モモ肉・人参・玉葱・サクサク王子・
 三つ葉・卵・むかごご飯)

●ころ愛大根のお浸し・黒ゴマ・ゴマ・鰹節・醤油

●絹はだかぶのお浸し・黒ゴマ・ゴマ・鰹節・醤油

●ハッシュドポテト(男爵・塩・胡椒・カルピス幻のバター・
 ドライパセリ)

●黒田五寸陽彩人参のかた茹で

●間引き白菜の煮物(ごま油・油揚げ・味醂・醤油・胡椒)

●醤油豆

○おから



※追記

ころ愛と絹はだかぶのお浸しの食べ比べは、絹はだかぶの勝利!