FC2ブログ

採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

ゴリの夕食が要らない日は…

こんばんは。

たびたび、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。




今日の記事を書くのは、4つ目かな?


1つ目に書いた記事の、無花果のワイン煮が、ゴリ(←夫)に大受け!


帰宅後に、1番に食べて、いたく感動していた。



『 来年は 早い内から作ってくれ! 』 だってさ。



そのゴリは、今日はここで食べたらしい。


凄いね!今日からGoogleマップがこんなにはっきり!


私の夕食は、適当にアピオスご飯だけ作って、粗食…。


後は、いろいろ保存食を作ってゴリの帰宅を待っていた。




夕食の支度をしなくていい時くらい、のんびりしてればいいのにね~。(苦笑)


ていうか、年末いろいろ他にもやる事があるだろうに!(汗)



konnya9_1202.jpg



●アピオスご飯(発芽十六雑穀入り発芽玄米・黒米・アピオス・ひじき・てがるごぼう・
 春蒔金港五寸人参・油揚げ・酒・味醂・醤油)

●高菜漬けがとっても美味しくなっていた!

○自家製柚子胡椒で食べた湯豆腐

○キムチ・梅にんにく・豆乳





念願の柚子胡椒はオレンジ色

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。





念願の柚子胡椒を、やっと作る事が出来た。


本当は、今年も諦めていたのだが…。





我が家の1本だけ栽培していた唐辛子は、早く色づき、干してしまった。


しかも、少ししか生らなかった。



その頃には、まだ柚子が未熟で、作ろうという気持ちも おこらなかった。


思い出した頃には、もう柚子は黄色に色づき、唐辛子は乾燥していた。




近所の代ちゃんの畑に、まだ沢山生っている唐辛子を見つけて、分けていただいた。


生の赤唐辛子と、我が家の黄色に熟れてしまった柚子を使って、


柚子胡椒を作る事にした。



本当は、青唐辛子と青い柚子なのよね~。



オレンジ色になる事を想像して…。




今年のところは、少しだけね。



【 柚子胡椒の作り方 】



①ゴム手袋をはめて唐辛子を縦切りにして種を出し
 ザッと微塵切りにする


②柚子の皮を剥く


柚子唐辛子


③フードプロセッサーで潰す


柚子唐辛子


④すり鉢に入れ替えて 塩を加え すりこぎで 擂り潰す
 (結構時間がかかり 腕がだるくなってしまった)


柚子唐辛子


⑤タッパーに入れて 冷凍保存


柚子唐辛子


色は違っても、なかなか好い香り~。


木綿豆腐を温めて、少しつけて食べてみたら、美味しいね!!





超簡単!大根の柿漬けの作り方

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。




今年も大根が不作で、大根も大量に使えず、【 大根の柿漬け 】 の作り方を、


いつも とだいぶん変えてみた。


とっても簡単な方法を教えてもらったので、早速実行!





【 大根の柿漬け 超簡単な方法 】


①大根を 皮つきのままスライスする


②良く熟した柿の皮を剥く


③皮を平らな容器に敷く


簡単!大根の柿漬け


④その上に スライスした大根を並べ
 塩をパラパラっと振る


簡単!大根の柿漬け


⑤その上に 再び柿の皮を並べる


簡単!大根の柿漬け


⑥途中でこんなに熟した部分も入れてたり 何層か 繰り返して並べ…


簡単!大根の柿漬け


⑦最後に種を除いた柿の実を乗せる


簡単!大根の柿漬け


⑧軽めの重しを乗せて 一晩で漬かる


簡単!大根の柿漬け



という事で、いつもの柿漬けとの違いは、後日また…。






身体がぽかぽか

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。




3日がかりで作った、かたい 無花果(いちじく)のワイン煮デス。



無花果のワイン煮



少し前に、ランチで行った、イタリアンレストランの


前菜についていたものが美味しかったので、


味を思い出し、味付けは想像しながら適当に煮てみたもの。



確か、皮つきだった。


灰汁が出るので、何度も茹でこぼして、あとはワインとアカシア蜂蜜で、


ぐつぐつと火を止めながら、夜中と早朝にタイマーを点けて煮た。



甘みは、冷める時に着くので、何度かに分けて味見しながら足していった。



蜂蜜では、少しクドイ味になるのかな?普通にグラニュー糖の方がいいかも?



レストランのは、もう少し真っ赤な色が着いていたのは、どうしてだろう?


味は、思ったより好いけど、見た目、もう少し改良の余地あり!




今年は、暖かかったので、だいぶん遅くまで無花果が食べられたが、


いつも、最後には かたい未熟果が木に残って、どうしたものかと思っていたら、


知り合いから、『 それは煮ると食べられるよ! 』 と聞いたばかりの時に、


レストランでの、出会い…。


タイミング良く、作る事が出来て良かった!



おっと!

最後に、塩を一つまみ入れないと、味がしまらないね!




何日も煮詰めているのに、何だか身体がぽかぽか…。


ワインのアルコールが抜けていないのかなぁ~?