採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

買い物をしないってことは?

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



生鮮食品を買わずに、あるものだけで作ると云う事は、

旬の魚が食べられないと云う事だな!


だってね、今日も 秋刀魚が無性に食べたくて我慢した。

大根おろしも、あー食べたい!


下処理して冷凍している物を使うので、メチャ手抜きはできるが、

やっぱストレスが溜まりそう!


時々は、食べたい旬の素材を買うことにして…。


取り敢えず、昨日と今日は我慢してあるものだけで作ったものであ~る。



■2011年9月26日(月)


konnya11_0926.jpg


●栗入り炊き込みご飯(栗・人参・ごぼう・芽ひじき・焼き豚・油揚げ・
 醤油・味醂・酒・福塩・小葱)

●豆サラダ(シカクマメ・紫莢ささげ・梅干し・マヨネーズ・ミックス胡椒)
 岡山サラダ菜・ハワイアントマト

●めひびスープ(めひび・三つ葉・木綿豆腐・鶏ガラスープ)

○梅にんにく・キムチ・りんご・20世紀梨

○ピーナツ豆腐



■2011年9月27日(火)


今日、冷凍庫の中から発掘したものは、トマトソース と 戴き物の ロロン南瓜

そして、スライスして冷凍していた椎茸。


トマトソースロロン南瓜のピューレ


青いまま色づかないピオーネは、ピクルスを作ってみた。

あらら、青くても甘みがあるピオーネには、砂糖はあまり必要なかったね。

直ぐに漬かるので、これはサラダに加えてみた。(*^_^*)


青いままのピオーネピオーネのピクルス


ゴリが、『 ナポリタンが食べたい 』 だってさ。

最近、ご飯も活力鍋(圧力鍋)を使っているが、

麺の加圧時間が、イマイチビシッと決まらない。

どれくらいがいい?


今日は、パスタを2分加圧で茹でたら、少しやわらかかったので、

次は1分にしよう!(記録しておかなきゃねっ)


肉厚のカラーピーマンが甘くて美味しい~!!


スパゲティーナポリタン


サラダは、サッパリしたお味に。

ポタージュは、前に冷凍していた甘いロロンのピューレを使って、こってりと。


サラダ&カボチャポタージュ


●スパゲティーナポリタン(レッドホルン・イエローホルン・椎茸・玉葱・ハム・トマトソース・
 ケチャップ・バジル)

●サラダ(黄色いプチトマト・レッドオーレ・シカクマメ・純白ゴーヤ・ピオーネのピクルス・
 パラマウントパセリー・EVオリーブ油・福塩・ミックス胡椒・ワインビネガー)

●南瓜のポタージュ(ロロン・牛乳・パラマウントパセリー・コーヒーフレッシュ・コンソメ)

○冷や奴・キムチ・梅にんにく・りんご





簡単に剥ける美味しい栗の茹で方

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



■簡単に剥ける栗の茹で方


①一晩浸す必要もなし!

②活力鍋(圧力鍋)に栗と水少々と塩を入れて 加熱する

③沸騰して加圧が始まりシュッシュッと音がしたら火を止める

④圧が下がるまで待つ




栗山で拾ってきた利平栗(←ポロタンじゃないよ)、今年も何者かに食べられて少ない。(-_-;)


栗


↓ こんな感じで、シュッシュッと し始めたら火を止める!





圧が下がったら、早速手で剥いてみよう!

包丁を使わなくても、簡単!簡単!鬼皮まで軟らかい。





力を入れなくても、包丁で簡単に真っ二つ。

渋皮もスルスルと剥ける。

渋皮つきのまま食べても渋くない!


簡単に剥けた栗


…てことは、渋皮煮もこのまま煮るだけでいいかも?

でも、これを煮たらやわらかすぎやしないかい?


今まで苦労して、鬼皮だけを剥いていたのにね。




そろそろ干しものの出番かな?

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



これは、干しえのき茸であーる。

書かないと、木屑に間違えられそう?


干しえのき


野菜乾燥器を購入して以来、色々な野菜を乾燥させてきたが、

暫くの間、生鮮食品の買い物をしない宣言をしたからには、

こんなものまで引っ張り出さないと ならなくなった。(笑)


乾燥させた野菜は、ジプロックに入れて冷凍保存をしている。


今日は、冷凍している鶏肉に、この干しえのき茸を加えてチキンナゲットを作った。

いつもは、生のえのき茸を使うのだが、その違いを試してみようか。


konnya11_0925


●チキンナゲット(鶏ムネ肉・干しえのき茸・卵・大蒜・オイスターソース・醤油・
 福塩・ミックス胡椒・酒・米粉・ごま油)

●サラダ(岡山サラダ菜・シカクマメ・イエローホルン・早生ミズナ・花オクラ・
 パラマウントパセリー・イタリアンパセリ・ハワイアントマト・チャービル・
 レッドチャイム・クリームチーズ)
 EVオリーブ油・ミックス胡椒・福塩・レモン

●ツルムラサキのナムル(ツルムラサキ・大蒜・醤油・ごま油・ゴマ・黒胡椒)

●味噌汁(玉葱・デジマ・アンデスレッド・紫莢ささげ・人参・打木赤皮甘栗南瓜・
 三つ葉・木綿豆腐・三陸わかめ・味噌・いりこ)

○キムチ・梅にんにく・りんご


これはイケル!生のえのき茸よりも風味好く、出汁が効いた感じの味になったようだ。

美味しいワ~!



◆チキンナゲットの作り方◆

① えのき茸と鶏ムネ肉を粗みじん切りにする
  (フードプロセッサーに軽くかけてもよい)

② ①に小麦粉、卵、大蒜、醤油、オイスターソース、酒、
  塩、胡椒を混ぜ合わせる

③ ②を丸めて 揚げ焼きにする



ごめんなさい。分量は憶えていないので適量で…。(-_-;)

卵は多過ぎるとゆるくなるので様子を見ながら入れてね!





松茸で盛り上がった

こんにちは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



私が住んでいるところは、昔は松茸が沢山採れていたそうな。

うちの栗山を少し登った所でも、以前は沢山生えていて、

この季節には、毎朝採りに行くのが義父母の仕事だったと聞く。


今日も、ひと山離れた近くの親戚に住む義従姉がお墓参りに来た時に、その話で盛り上がった。


両脇と背中に、松茸を満タンにしたフゴを背負い、勤め前に農協に出荷する日が、

お彼岸頃に、ひと月余りと続いていたそうだ。


多い日には、1日に20キロほど採れ、ホクホクだったらしい。

開ききった、クズの松茸は、山に捨てて来る事もあったという。(勿体ない!)


松茸は、輪に連なって生え、年々その輪が広がり、数も増える。

輪になる前に、一番最初に生える松茸は、白いそうだ。


輪が段々広がると、オリンピックの輪のように隣りの松茸の輪と重なり、

特に、積集合部分は、よく見ないと踏みつけそうになったと…。(笑)


ドロボーも多発し、何度か通報して捕まえた事もあるという。


うちの山にはそこまで生えていなかったが、私も登って見つけた事はある。



嫁に来て初めての年に、松茸入りのすき焼きを食べた時には驚いたものだった。

松茸がどっさり入っていたのだ。(@_@;)


肉より沢山入っていたかも?


ぼっけーびっくりしたわぁ。


それ以来 年々減り、今では1本も生えず、見にも行っていないし、

国産は高すぎて、口にする事も皆無である。(-_-;)


そういえば、↓ こんな入麺にも入れていた記憶がある。


急に涼しくなった秋口のこの空気感には、微かに松茸の記憶がよみがえるのだ。

松茸を採りに行った帰りには、栗も序でに拾っていた。


今は、栗拾いに山に登るだけ…。

その栗も随分減り、さみしくなったものだ。



えへへ、松茸が登場すると思った?

済みませんデシタ~。


どこにもありまシェーン。


素麺入麺


●入麺(素麺・味美菜・人参・茄子・紫莢ささげ・葱・生姜・油揚げ・鶏ムネ肉・
 いりこ・味醂・醤油・福塩・酒)


konnya11_0921


●もち麦麺のざる(茗荷・青紫蘇・生姜・小葱・ゴマ)

●茄子の浅漬け(マー坊茄子・下町美人・福塩・青紫蘇の実)

●ゴーヤの塩もみ・茗荷

●あさりの佃煮

●味美菜のお浸し

●ハワイアントマト


揚げびたし

揚げびたし


●揚げびたし(打木赤皮甘栗南瓜・甘とう美人・黒陽茄子・下町美人←白茄子・レッドホルン・
 イエローホルン・紫莢ささげ・オクラ・シカクマメ)
 タレは作り置き麺つゆ(醤油・味醂・いりこ出汁)



最近作ったもので、アップし忘れていて、いつ食べたかもはっきりしないもの。

アハハ~、認知度が、重症かもしれない。(^^ゞ




朝食のお供

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



我が家に生ったピオーネの、特に色づきの悪い赤い色のピオーネを使ってジャム作り。

正味 2kgほどの実の皮を、ゴリが夜中にせっせと剥いてくれた。


ぶら下がっている付け根の方から剥くゴリに、『 反対から剥いたら綺麗に剥けるよ! 』

と言ったのは、半分ほど剥き終わった頃。(^^ゞ


遅かったね。ごめんよぅ~。


多くて、煮詰まるのに時間が掛かり、瓶詰めまで出来上がったのは夜中。

少しゆるめなので、ヨーグルトソースにピッタリね!


ピオーネのジャム
ゴリが毎回作ってくれるヨーグルト


↑ これは、ゴリが毎回 『 まほうなべ 』 で作ってくれる、手作りヨーグルトで、

乗っているスモモのジャムは、これでお仕舞い。


本家から戴いたスモモで作ったジャムも、美味しかったわ~!!

来年は、そのスモモが生き延びられるかどうか?


持ち堪えてほしいと願うばかり。。。






いつまで続くか?やってみよう!

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



冷凍庫がいっぱいなので、生鮮食品はあまり買わずにいつまでいけるか頑張ってみるかメニュー!

と云っても、今日は冷凍庫の中のものは使用していないか。(^^ゞ


と云う事で、久々にあるものだけでサラダ寿司を作ってみよう!


茗荷の甘酢漬けがとても美味しいので、今日は茗荷入りのサラダ寿司。

今年は、いつもよりも甘めに漬けたら、ゴリがとても気に入ったようだ。


栽培2シーズン目の茗荷だが、以前からどこかしこから頂き毎年漬けていた。

頂いた貴重な茗荷は、長持ちさせようとの思いもあり、だいぶん酢の量が多かったようだった。


やっぱり、自分ちの採れてで漬けたものはどこか違い美味しい気がする。(^_^;)

何チャッテ。きっと栽培農家の方は、皆さんそう思うのよね!


その茗荷の酢漬けを、縦半分に切ったものを斜めに薄くスライスして、

茗荷の漬かった甘酢を加えた酢飯に混ぜている。(茗荷の香りが口いっぱい広がるぅ~)


シカクマメは、茹でて氷水にとり水を切ると綺麗な色が保てるので、

それをスライスしとものと、ゴマとシーチキンも酢飯に混ぜて、他のものは上にかけて、

サラダっぽく飾り付け。


白茄子は、低温で素揚げしたら皮の色が白いまま。(*^_^*)

間引き人参に添えたものと同じ柚子味噌で、まいぅ~。


白茄子は、揚げびたしをするのが見栄え良く、味もこの食べ方が今までで一番かも?


konnya11_0922.jpg
人参の間引き菜の柚子味噌和え


●茗荷チラシ寿司(発芽十六雑穀ごはん・茗荷の甘酢漬けのスライス・シカクマメ・オクラ・
 食用菊の十五夜・ゴマ・ハワイアントマト・シカクマメの花・ナスターチウム・岡山サラダ菜・
 茗荷の甘酢・チャービル・イタリアンパセリ・茗荷の甘酢漬け)

●南瓜のまん丸コロッケ(打木赤皮甘栗南瓜・茹で卵・福塩・ミックス胡椒)

●茄子の素揚げ(下町美人・自家製柚子味噌で)

●間引き人参葉の自家製柚子味噌・ゴマ・食用菊

○わかめスープ

○りんご




青紫蘇の実の塩漬け

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。




我が家では、青紫蘇は種蒔きをした事がなく、毎年こぼれ種で困るくらい生えてくる。

青紫蘇の実も、佃煮にしたり塩漬けにしたり天麩羅にしたり…。


紫蘇の葉も実も、大好きな香りで何を食べるにも薬味に欠かせない。


今日は台風15号が通過すると云う事で、自宅待機!

と云っても、雨も降らずそよ風、過ごしやすい一日だった。


県北部では被害があったらしく、同じ県内でも、こちらは被害のない地域だ。


さて、始めよう!!


① 採ってきた実は 茎のついたまま水をかえながら洗う

② 茎の先端から下方向に しごいて実をこそげる

③ 数回水をかえながら 灰汁抜きをする

④ 笊に上げて水を切る

⑤ 20%ほど(長期保存出来るように多目)の天然塩(いつも福塩)をまぶして
  水が上がるまで重石をして漬けこむ
  数週間かかるかな?


青紫蘇の実  青紫蘇の実をしごいた茎

青紫蘇の実の灰汁抜き  青紫蘇の水切り

青紫蘇の実と20%ほどの福塩


これは、塩抜きをして使用する。

また、水が上がったころにアップすることにしよう。



日本武道館だって!スカイツリーだって!いいな!

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。


お隣のHさんは大正琴を習っていて、先日、日本武道館での全国大会に出演された。

隣りなのに、練習されているのがちっとも聞こえなかったし、知らなかったなぁ。


武道館何て行った事も無いし、そうそう、スカイツリーもご覧になって!!

えっ?横浜も?


凄~く楽しかったって!!


konnya11_0920.jpg


●トマトサラダ(桃太郎ゴールド・ショコラ・バジル・EVオリーブ油)

●ゴーヤサラダ(節成中長ゴーヤー・レッドホルン・イエローホルン・あさりの佃煮)

 お隣のHさんのお土産に頂いたあさりの佃煮
 とても美味しいけど 佃煮って濃い味付けなので
 スライスして熱湯をくぐらせたゴーヤとごちゃ混ぜにして…
 メチャ美味しかったデース!ご馳走様m(__)m

●横浜のお土産のシューマイ(辛子酢醤油で)

 これも 隣のHさんのお土産の有名店のシューマイ!

この前の茗荷は 甘酢漬けにしちゃった~(三温糖・純米酢・塩)
 ゴリはピクルスより甘酢漬けの方がお気に入り(やっぱ甘いもの好き)
 ピクルスほど日持ちしないけど 直ぐに食べてしまいそう~

●甘とう美人のオリーブ油で丸ごとソテー 柚子と醤油でウンマイ!

●玉豆腐


茗荷の甘酢漬け




う~ん

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



最近ブログアップが週一ペースになって (^^ゞ

一応、料理は作ってはいるのだけど、何だかね。


畑の方も思うように気持ちが盛り上がらない?マンネリ?



  う~ん、う~ん。


       って、うなってどうする? (^_^;)



2011年9月13日(火)


お昼に、高カロリーの食事をしたので、夕食は軽く軽くね!


ひじきの煮ものは、常備食として食べられるように、

多めに煮て、こうしてタッパーに入れて冷蔵保存。


紫莢ささげは、煮ても紫色のまま色落ちしない。

とてもやわらかくて美味しいけど、黒いひじきと見分けがつかないね。(-_-;)

フフ、色合いの悪い煮物だこと。


konnya11_0913.jpg豆腐サラダ芽ひじきの煮もの


●かもがわうどん・茗荷・生姜・青紫蘇・小葱・ゴマ・作り置き麺つゆ

●豆腐サラダ(木綿豆腐・オクラ・花オクラ・青紫蘇・小葱・茗荷・ポン酢)

●ひじきの煮物(芽ひじき・ごぼう・人参・紫莢ささげ・油揚げ・蒟蒻・竹輪・
 三温糖・みりん・酒・醤油・福塩・オリーブ油)

○りんご


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年9月14日(水)


これだけじゃ主菜がないね。

そうそう、豚肉の味噌漬け…お中元の頂き物がまだあったので、

それでも焼いて…。


カポナータナンテ書いているけど、オリーブ油で炒めているだけ。(^^ゞ

味付けはシンプルな方が、我が家で採れた無農薬愛情たっぷり野菜の素材の味が活きるよね!!


大根の間引き菜は、ほんの少しだけ。

間引いて1本立ちにしたので、これでお仕舞い。

美味しいわ~♪


中華スープは、妹の家の定番メニューで、我が家ではあまり登場しない。

少し前にご馳走になったので、真似っこね。

あはは、何だか統一性の無いメニューになってしまった。(-_-;)


カポナータと大根の間引き菜のお浸し中華スープ


●カポナータ(下町美人・黒陽・レッドホルン・イエローホルン・ペッパーチリ・
 シャドークイーン・アンデスレッド・玉葱・ロロン・EVオリーブ油・福塩・黒胡椒)

●大根の間引き菜のお浸し(大根の間引き菜・醤油・梅干し)

●中華スープ(玉葱・人参・もやし・オクラ・小葱・生姜・卵・福塩・ミックス胡椒・鶏ガラスープ・
 ゴマ・ゴマ油)

○ひじきの煮物

○豚肉の味噌漬け

○りんご



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年9月15日(木)


カラーピーマンの登場が多いね!


konnya11_0915.jpg
江戸煮和えもの


●炒飯(雑穀ご飯・レッドホルン・ペッパーチリ・シカクマメ・玉葱・小葱・卵・焼き豚・
 大蒜醤油・福塩・ミックス胡椒)
 ティオクック・黄色のトマト・オクラ

●江戸煮(下町美人・黒陽・レッドホルン・イエローホルン・ペッパーチリ・三温糖・麦味噌・いりこ)

●和え物(オクラ・花オクラ・えのき茸・ぶなしめじ・ポン酢)

○中華スープ ↑ 同じ様なもの(^^ゞ

○おでん←まだあった残り物

○りんご・梨


毎日、どんだけカラーピーマンを食べるんだい?

旬のものは何度でも繰り返し登場する。


花オクラもオクラも…フフ、身体がとろとろになりそうよ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年9月16日(金)


ふわりで会食



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年9月17日(土)


急いで10分ほどで用意したお夕飯。(・・;)


麩卵丼花オクラ素麺納豆オクラ


●麩卵丼(焼き麩・卵・蟹カマ・葱・えのき茸・味醂・酒・醤油・いりこ)

●花オクラ素麺(たくさんの花オクラ・作り置き麺つゆ)
 氷水でよく冷やして そうめんの様に食べると つるつると喉越し好し!

●納豆オクラも…

○まだある ひじきの煮物

○頂き物の不室屋の宝の麩御汁

○りんご



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年9月18日(日)


丸ごと焼きパプリカを食べようと思い、オーブンレンジで焼いていたら、

すっかり…。(^^ゞ


忘れるのはよくある事。

でも、皮を剥いて甘酢に漬けたらメチャ美味しいじゃあ~りませんか。


白茄子が、どうにか白い色のまま食せないか??

色々試してみても、熱を加えるとどうしても変色するので、

今日は、低温で茹でてみた。

やっぱり駄目。(-_-;)


でも、汚い皮を剥いて、茗荷味噌をつけて食べると好いじゃない!


konnya11_0918.jpg


●焼きパプリカの酢漬け(レッドホルン・イエローホルン・バナナピーマン)
 三温糖・ワインビネガー・福塩

●茹で白茄子(下町美人・麦味噌・三温糖・純米酢・微塵切り茗荷・スライス茗荷・おかのり)

●焼き南瓜(打木赤皮甘栗南瓜・福塩・ミックス胡椒・オリーブ油)

●オクラの梅マヨ和え(オクラ・梅干し・マヨネーズ・ゴマ)
 ナスターチウム

●味美菜のナムル(味美菜・醤油・ごま油・ゴマ・大蒜)

●シカクマメのトマト味(シカクマメ・粗引きソーセージ・バジル・自家製煮トマト)

○キムチ・梅にんにく・20世紀梨


■お昼ご飯


お昼薬味煮ただけトマト


●お昼にうどん&花オクラ
 薬味の茗荷が美味しい!!

●最近は煮ただけトマト作り
 煮詰めすぎないで水分を残している




色づきの悪いピオーネで

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



9月15日の夜の事。

年中行事のピオーネのジャム作り。


我が家にある、たったの1本のピオーネは、無農薬で栽培を行っている。

虫捕りなどをマメに行なったり、天然由来の活性剤(酢・竹酢液等)を葉面散布したり、

ある程度は病害虫が防げているのだが、熟れる頃に葉っぱが病気になる事が多く、

しっかり光合成できない為に、きっと色づかないでお仕舞いになるのだろう。


全ての房が、黒々とした美しい色になった試しがなく、苦労をしている。


それを使って、ジャム作りをしたり、ワインを造ったり…。

ワインは知人に造ってもらったのだが、飲めない我が家にあっては勿体ない事で、

酢と化してしまったのだ。(-_-;)


まあそれは、葉面散布に使ったので、良しとしよう。


ジャムは、皮を剥いたピオーネとグラニュー糖と去年の冷凍柚子を使用。

皮も茶袋に入れて一緒に煮るのだが、赤い色の皮ではあまり役に立たず、

おまけに、好きな柚子を多く入れ過ぎ、出来上がったジャムはピンク色!(・・;)


2房半ほどで1瓶のジャムの出来上がり。

早速、朝のヨーグルトに加えて、美味しい~!


ピオーネでジャム作りピオーネでジャム作り
ピオーネでジャム作りピオーネでジャム作り


今朝にも、もう2房、砂糖は使わず、羅漢果とレモンマートルの葉っぱで作ってみたら、

想像通りの、チョコレートのようなスゴイ色になり、どうも食欲減退なのだ。


目を瞑って食べたら、メチャ美味しい。(笑)ローカロリー。