採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

色づきの悪いピオーネで

こんばんは。

いつも、ここにお越しいただき、

ありがとうございます。



9月15日の夜の事。

年中行事のピオーネのジャム作り。


我が家にある、たったの1本のピオーネは、無農薬で栽培を行っている。

虫捕りなどをマメに行なったり、天然由来の活性剤(酢・竹酢液等)を葉面散布したり、

ある程度は病害虫が防げているのだが、熟れる頃に葉っぱが病気になる事が多く、

しっかり光合成できない為に、きっと色づかないでお仕舞いになるのだろう。


全ての房が、黒々とした美しい色になった試しがなく、苦労をしている。


それを使って、ジャム作りをしたり、ワインを造ったり…。

ワインは知人に造ってもらったのだが、飲めない我が家にあっては勿体ない事で、

酢と化してしまったのだ。(-_-;)


まあそれは、葉面散布に使ったので、良しとしよう。


ジャムは、皮を剥いたピオーネとグラニュー糖と去年の冷凍柚子を使用。

皮も茶袋に入れて一緒に煮るのだが、赤い色の皮ではあまり役に立たず、

おまけに、好きな柚子を多く入れ過ぎ、出来上がったジャムはピンク色!(・・;)


2房半ほどで1瓶のジャムの出来上がり。

早速、朝のヨーグルトに加えて、美味しい~!


ピオーネでジャム作りピオーネでジャム作り
ピオーネでジャム作りピオーネでジャム作り


今朝にも、もう2房、砂糖は使わず、羅漢果とレモンマートルの葉っぱで作ってみたら、

想像通りの、チョコレートのようなスゴイ色になり、どうも食欲減退なのだ。


目を瞑って食べたら、メチャ美味しい。(笑)ローカロリー。



  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます