採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

保存食作り

こんばんは (*^_^*)/     いつも ここにお越しいただき ありがとうございます。  


■2012年9月29日(SAT)


今日はいろいろと保存食づくりをした。


秋茗荷が少し採れたので、茗荷とゴーヤの塩麹漬け、

叔母に貰ったレンコンの酢漬けが、とても美味しかったので、

真似っこで私も漬けた。レンコン大好き!


12_0929_1.jpg12_0929_4.jpg


バジルが沢山あるので、ドライバジルに。

バジルドライバジル


キッチンペーパーにのせて、燃えない様に1分ずつ様子を見ながらレンジにかける。


ドライバジルドライバジル


前に、パセリをドライにする時に燃えた事があるので、

500~600wの低めで加熱した。

ドライバジルドライバジル


今年のきゅうりは不作で、保存食としてはピクルスを作ったくらいで、

きゅうりのキューちゃん漬けは今年初。

一回は作って食べなくっちゃね。(^_^;)

美味しそうなきゅうりを、お隣さんからいただいたので、念願がかなった。(*^_^*)


毎年、豊富に採れる時には、一度に沢山作って冷凍保存もするが、

今回は、あっと言う間に無くなってしまいそう。


きゅうり
きゅうりのキューちゃんきゅうりのキューちゃん
きゅうりのキューちゃんきゅうりのキューちゃん


間引き菜は、今朝の畑から、ごぼう、日野菜蕪、カイラン等・・。

今年初物の琉球いんげんは、何もつけなくても甘くて美味しいので、

私はそのまま、ゴリは柚子味噌和えをつけて食べた。

ほっけは焼いただけ、茗荷とゴーヤの塩麹漬けは朝から漬けていたので、

冷蔵庫から出しただけ。


チキンソテーは、鶏ムネ肉に塩麹をまぶして、薄力粉を水で溶いてくぐらせ、

パン粉と紫蘇の実をまぶしてオリーブ油で焼いたもの。


日本農業新聞の、藤木シェフの食材発見という記事の中で、シソの実の事が載っていて、

参考にさせていただいたもの。


丸くて大きなやわらかいイタリアン茄子と小さくてかたいゼブラ模様の茄子の食べ比べ。

ソテーにして、断然イタリアン茄子の方が美味しいというゴリ。(^^ゞ


間引き菜のお浸し琉球いんげんの和え物
ほっけ茗荷とゴーヤの塩麹漬け
チキンカツイタリアン茄子のステーキ


他にも、玉豆腐の冷奴・キムチ・梅にんにく・梨・美味しい葡萄等々・・。


宝石のような葡萄でしょう!








  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

ほんとに隅々まで勉強になります。
一つづつ実践させていただきたいと・・・勉強になります。

ただ、お手本とか参考になると言うだけでなく、私が本当に良いなと思うのは御主人へのハートが溢れているところです。そこが一番だいじ。

fuanfuan | URL | 2012年10月15日(Mon)22:12 [EDIT]


こんにちは(*^_^*)/

そんなそんな、勉強だなんて(@_@;)
私こそfuanfuanさんのところで勉強させていただいています。
素敵なお家や周りの風景、センスも憧れます。
それに、夫への愛はfuanfuanさんには敵いませんしぃ。(^_^;)
も少し頑張りますぅ。

fuanfuan さんへ♪ | URL | 2012年10月15日(Mon)22:28 [EDIT]