採れたてメニュー

自家栽培の無農薬有機野菜をふんだんに使った毎日のメニュー

覚え書き ころころ重ね煮

こんばんは (*^_^*)/     いつも ここにお越しいただき ありがとうございます。  



■2012年11月7日(THU)


反射式ストーブをキッチンで使い始めたら、夜な夜ないろんな下拵えをしたくなる。

じゃが芋は、芽が出始めているが、珍しいのがまだ残っているし、

小振りながら、人参も採れ始めたので、いつもの基本の重ね煮ではなく、

コロコロ重ね煮を作ろう!

これを一度に作っておくと、後々楽チンなのでね!(^_-)-☆


ただ、切る時間は結構かかるが、これは仕方がない。

『 美味しくなーれ!美味しくなーれ!』 と、呪文を唱えながら切るのよ。(^^ゞ


鍋に入れた順番は、


福塩 ⇒ エリンギ ⇒ じゃが芋(メークイーン・ノーザンルビー・シャドークイーン) ⇒

玉葱 ⇒ 人参(Dr.カロテン5・イエロースティック・パープルパープル・祝紅金時) ⇒ 福塩


あとは、途中で絶対に蓋をとらずぐつぐつ とろ火で煮るだけ。

食材全部の混ざったいい匂いが漂い始めたら、出来上がりのサインだ。


ころころ重ね煮の材料をさいの目に切るころころ重ね煮(天然塩・エリンギ・じゃが芋・玉葱・人参・天然塩の順番に重ねる)
ころころ重ね煮(福塩・エリンギ・じゃが芋)を順に入れたところコロコロ重ね煮(福塩・エリンギ・じゃが芋・玉葱)を入れたところコロコロ重ね煮(福塩・エリンギ・じゃが芋・玉葱・人参・福塩)全部入れて満タンにしたところ準備した鍋をストーブの上に置いて蓋をずっと閉めたまま1時間ほどとろ火でじっくりぐつぐつ
重ね煮の出来上がり 嵩が減る重ね煮が煮上がったら広げて冷ます


これは冷蔵で1週間ほど保存が出来るので、色んなものに変身する。







  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます